出生前診断の種類

出生前診断の種類|確定検査

出生前診断の種類|確定検査

出生前診断の種類|確定検査 出生前診断には確定検査という種類があります。これは、基本的に結果が確実にわかる診断となります。この中には繊毛検査と羊水検査があります。
前者は、将来的に胎盤となる部分を採取して、染色体を分析する出生前診断です。後者は、おなかに針を刺して羊水を採取し、その中にある赤ちゃんの細胞を培養して染色体をチェックする方法です。
いずれも針を刺すことで流産や死産のリスクがあるため、非確定診断を最初に行う場合も多くなります。
侵襲的な検査は妊婦の負担にもなりますので、診断を受けるかどうかはリスクを考えてから行う必要があります。制度は100パーセントというわけではないので、場合によっては出生前診断で障害無しと判断されても障害を持って生まれるケースがある点には注意が必要です。
一応精度は99パーセントといわれていますが、100ではないので低い確率でこうしたことが生じるのは仕方がないことです。受けられる医療機関は限られるので、探して利用する必要があります。

出生前診断の種類と考えられるリスクとはなにか

出生前診断の種類と考えられるリスクとはなにか 出生前診断の種類は確定検査と非確定検査の2つにわけられます。さらにそれぞれには種類があり、非確定検査では新型出生前診断とコンバインド検査、母体血清マーカー検査があります。
どの方法においても母体の血液を採取し、そこから胎児のDNAを調べたり、超音波検査を行ったりするため、直接胎児に影響を及ぼすリスクは大変低いです。
確定検査では新型出生前診断などを行い、染色体異常がみられる、または考えられる際に行う方法であり、初めから取り入れることはほぼありません。この方法においては絨毛検査と羊水検査の2つがあり、染色体疾患全般について調べることができるほか、感度自体も99.9%となっており、染色体異常の有無などについて知ることができます。
ですが、どちらの検査も母体のお腹に針をさして、絨毛や羊水を採取しなくてはならないため、早産や破水、出血や子宮内感染などを引き起こすリスクが生じます。
羊水では300人に1人、絨毛では100人に1人が流産など胎児に影響を及ぼす可能性があります。

新着情報

◎2023/6/5

情報を更新しました。
>年齢制限と密接に関わる出生前診断の基礎知識と活用のヒント
>出生前診断と血清マーカー法に関するお役立ち情報
>出生前診断の現状とその利用における割合に関する詳細なガイド
>出生前診断の種類とそれぞれの特徴について解説するお役立ち情報
>出生前診断の精度とその限界についての理解を深めるための解説とアドバイス

◎2022/10/12

情報を更新しました。
>出生前診断をするときに重要となる検査精度
>出生前診断を実施することの問題点とはなにか
>出生前診断の人気が高くなっている背景は何なのか
>出生前診断を利用する妊婦の気になる割合とは
>新型出生前診断をうけることで中絶を選択することも

◎2020/12/23

染色体疾患か判明する確率
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

出生前診断の種類|確定検査
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

母体血清マーカー検査
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「検査結果」
に関連するツイート
Twitter

返信先:とんでもない、検査結果良かったようでホッとしました。毎日気温も異常ですし、涼しい部屋でごゆっくりなさってください🍅🍅🍅

返信先:ジュウザさん! 検査結果、異常なしで良かったです。 お大事にしてください!

返信先:mo-rinさん、こんばんは。 お舅さんは自分もやったけど元気だからとお父様の事を元気づけようとされたのかもしれないですね。 ご主人の検査結果が一時的な炎症であることを願うばかりです。 mo-rinさんも体調崩さないように ご自愛くださいね🍀

返信先:検査結果大丈夫だったかな? 実は私も、ちょっと病気してね💦 CTの怖さわかるよー💦 ほんっとに健康であるって幸せだよねー🤗

2年くらい前からいつ死んでもいいやっ気分なんだけど、人間ドックの検査結果が年々良くなってきてて、今年は遂に診断結果オールAの完全健康体となった。 人間って生きるプレッシャーから解放されるとストレスレスになるみたいだね。